育毛剤を使用する際には、使用期間の継続が重要です。

では、ペルソナの効果を実感するためには、どれぐらいの期間使用すればいいのでしょうか?

ここでは、効果が出る期間や商品について、さらに詳しく紹介していきます。

ぜひ参考にして下さい!

1 ペルソナの商品について

ペルソナの商品について紹介していきます。

購入前に遺伝子検査

ペルソナ_成分

ペルソナ育毛剤を購入する前には、初めに遺伝子検査を行う必要があります。

遺伝子結果を元にして、あなたに合った育毛剤を配合するので、キットの使用方法をしっかり読み検査を行いましょう。

検査キットを返信用封筒で送付すると、2~3週間後に検査結果と育毛剤が届きます。

定期コースで1日あたり約193円とコスパ良し

ペルソナは、遺伝子検査+育毛剤の1ヶ月の単品価格が、44,600円(税別)です。送料は600円かかります。

1本が約1ヶ月分なので、1日あたりの計算をすると・・・1,458円!

高いですね…。

しかし、ペルソナの公式サイトでは、定期コースで購入すると初回限定特別価格で、とてもお得に購入することが出来ます。

なんと、5,980円(税別)で購入出来て、送料も無料です。

これを、1日あたりに計算すると…約193円!

先程の単品価格と比較しても、とてもお安く購入出来ることが分かります。

ペルソナ?価格

ペルソナは1本でどれぐらいの期間持つ?

ペルソナの育毛剤は、1日に朝・夕の2回使用で約1ヶ月持ちます。

毎日使用することで、頭皮や髪に栄養を与え育毛効果を促していきます。

2 ペルソナの効果が出るまでにどれぐらい?

薄毛の悩みを早く改善したい…!出来れば育毛剤の効果が早く出て欲しい!と願う方もいるかもしれません。

しかし、当然ながら、髪が数日や数週間ではフサフサになることは難しいです。髪の量が多い方や長い方であってもそれは同じ。

育毛剤は、気長に使用を続けることが大切です。

ここでは、ヘアサイクル・効果が出るまでの期間について說明していきます。

ヘアサイクルについて

髪にはヘアサイクルがあります。このヘアサイクルがうまくいかないと、薄毛の原因になります。

 

ヘアサイクルは、このような流れです。

成長期 ➡ 退行期 ➡ 休止期 ➡ 成長期(繰り返し)

・成長期…成長期は名前の通りで、髪が成長を続ける期間をいいます。成長期は約2~7年といわれ、毛の生え変わりを繰り返しています。

・退行期…成長期が終わった髪は、退行期に入ります。期間は、約3週間です。

・休止期…退行期の後に来るのが、休止期です。この期間に髪が抜け落ちます。休止期は約3ヶ月です。

 

髪にはこのようなサイクルがあり、約3ヶ月の休止期を経て、新しい髪が生えてきます。

退行期・休止期の間に育毛剤で髪や頭皮に栄養を与え、成長期の髪がしっかり生えるように準備しておくことで薄毛の悩みも改善出来ます。

効果が出る期間は…

ヘアサイクルを見て分かる通り、退行期・休止期は髪が抜け落ちる時期なので、この期間に育毛剤を使用すると、効果を実感しにくいです。

ですが、これは育毛剤の効果がないということではないので、数ヶ月効果が出なくても、諦めず続けることが重要です。

 

育毛剤の効果が出る期間は、退行期~休止期を経てから分かるようになります。そのため、最低3ヶ月以上の使用は必要です。

しかし、人によってもヘアサイクルが違うので、半年間の継続がベストな使用期間でしょう。

公式サイトでも、半年の期間を推奨しているので、ぜひこの期間は続けるようにして下さい。

3 ペルソナのまとめ

ペルソナの育毛剤が出るまでの効果について紹介してきました。

育毛剤を使用する時は早めの効果を求める方もいますが、ヘアサイクルを考えると、継続することが重要であることが分かったと思います。

気になった方は、ぜひペルソナの公式サイトをチェックしてみて下さい。

ペルソナ_商品画像

おすすめの記事